賽の河原地蔵和讃

これはこの世のことならず

死出の山路の裾野なる

さいの河原の物語

聞くにつけても哀れなり

二つや三つや四つ五つ

十にも足らぬおさなごが

父恋し母恋し

恋し恋しと泣く声は

この世の声とは事変わり

悲しさ骨身を通すなり


かのみどりごの所作として

河原の石をとり集め

これにて回向の塔を組む

一重組んでは父のため

二重組んでは母のため

三重組んではふるさとの

兄弟我身と回向して

昼は独りで遊べども

日も入り相いのその頃は

地獄の鬼が現れて

やれ汝らは何をする

娑婆に残りし父母は

追善供養の勤めなく

(ただ明け暮れの嘆きには)

(酷や可哀や不憫やと)

親の嘆きは汝らの

苦患を受くる種となる

我を恨むる事なかれと

くろがねの棒をのべ

積みたる塔を押し崩す


その時能化の地蔵尊

ゆるぎ出てさせたまいつつ

汝ら命短かくて

冥土の旅に来るなり

娑婆と冥土はほど遠し

我を冥土の父母と

思うて明け暮れ頼めよと

幼き者を御衣の

もすその内にかき入れて

哀れみたまうぞ有難き

いまだ歩まぬみどりごを

錫杖の柄に取り付かせ

忍辱慈悲の御肌へに

いだきかかえなでさすり

哀れみたまうぞ有難き

南無延命地蔵大菩薩


賽の河原(西院の河原)地蔵和讃
 これは日本の中世以降ずっと今日まで俗説として伝承されてきた和讃であるが、 その句には、余りにもむごいと思われる語句が含まれております。
 地蔵菩薩の功徳をことさら強調しようとせんが為のものなのか、それともその成立期の時代的背景がそうさせたのか?
近年使われているこの和讃は、このむごい箇所を削除して、「悲しみ」と地蔵菩薩の「慈悲」の対比というストーリーに書き換えて、広く詠われております。
・・・・・・・・手前に戻るここをクリック・・・・・・ ホームページへ戻るここをクリック・・・・・・・・