第十九 小吉 このみくじにあう人は、物事堪忍(かんにん)を専(もっぱら)にすべし、然らざれば思いよらざる障り出来て思う事末遂げず、神明を祈りて吉し。

○病人長引けども命に障りなし。
○悦び事は叶いがたし。
○待人来る少し遅し。
○失せ物出がたし、ほど過ぎて出る事あるべし。
○旅立・結婚・半吉、されども物事慎み無く我意につのらば大いに禍あるべし。


手前へ戻る  ホームページへ戻る