第四十六 凶 このみくじにあう人は、賢人もあわざる形なり、我が才知を持って世に交わらんとすれば 却って世間より悪(にくみ)を受け禍を生ずべし、天道を祈り氏神明神を信じて吉し。
○病人本服す、さりながら危うき事再々あり。
○悦び事なし。
○待人来らず。
○失せ物出ず。
○縁組み旅立ち等総じて事を新たに起こす事皆悪し。

手前へ戻る  ホームページへ戻る