第四十七 吉 このみくじにあう人は、万事始めは思う様に無き姿なれども、後思いの外、向こうより吉事を持って来る形なり、天道を祈りて吉し。

○病人長引けども本服す。
○悦び事おそし、末は上々吉なり。
○待人来るおそし。
○失せ物内に無し、外を尋ねて出ずべし。
○旅立ち上々吉、行く先仕合わせよし。


手前へ戻る  ホームページへ戻る