第七番 凶 このみくじにあう人は、鳥の翼を失えるが如き、天道を信じ日待ち月待ちをして吉し。

○病人本復しがたし、もし長引けば助かるべし明神を信ずべし 。
○失物出がたし、地の底へ埋か天井縁の下水中などに有り。
○悦び事、久しくへて後吉し。
○待人来たらず、道に障りあり、されども身に別条なし。
○旅立ち悪し。


手前へ戻る  ホームページへ戻る