第二十五 吉 このみくじにあう人は、目上より引き立てられ仕合わせ吉し、されども自身の我意を立つる時は悪し、年神を祭りて吉し。

○病人本服すべし。
○悦び事十分よし。
○待人来たる仕合わせよし、少し遅き事も有り。
○失せ物出る、もし出ずば其の替わりを得るべし。
○旅立ち、近きは障りなし、長旅は悪し。


手前へ戻る  ホームページへ戻る