第四十三 吉 このみくじにあう人は、喜びを司どる良き籤(くじ)なれども、身を高慢・慢心あれば思う事皆たがいて禍い起こる、身をへりくだり誠(まこと)厚き時は、貴人目上の人の引く立てにて、思わざる幸い来たる、天道を祈りて吉し。

○病人長引けども本服す。
○悦び事おそくとも吉。
○待人来る。
○失せ物急に出がたし。
○縁組み・旅立ち萬よし。


手前へ戻る  ホームページへ戻る