第二十七 吉 このみくじにあう人は、憂い散じて喜びに向かうなり、日待ち月待ち庚申待ちして吉し。

○病人本服有るべし、本服の後油断あらば危うし。
○悦び事十分なり。
○待人来たるべし。
○結婚よし。
○旅立ち最も吉し、宝を得るか幸いにあうべし。


手前へ戻る  ホームページへ戻る