第三十六 吉 このみくじにあう人は、物つきて又始まる形なれば、願望は叶うべし、急にする事よろしからず、そろそろとするに吉、とにかく短気を慎むべし、天道を祈り七夜待ちして吉し。

○病人長引けども命にさわりなし。
○悦び事悪し後は吉。
○待人おそし程過ぎて来るべし。
○失せ物出がたし、年へて後出る事あるべし。
○旅立悪し。


手前へ戻る  ホームページへ戻る