バーチャル寺院IN京都 北枕 Q&A コーナー 亀龍院


(檀信徒の皆様からのご質問を,私のわかる範囲で, 出来るだけ分かりやすくお答えさせていただきました。)
お願い:文字が小さく読みづらい場合は,ご使用のプラウザの フォント大を選択して下さい。
             
             手前へ戻る    次へ進む    インデックスへ戻る

死者を北枕にして寝かすのはなぜですか?

Q07.死者を北枕にして寝かすのはどういう意味が あるのでそうか?


仏教の開祖は釈尊,いわゆる「お釈迦様」です。今から約二千五百年ほど 前のインドの方です。 釈迦涅槃像
「沙羅双樹の花の色,盛者必衰のことわりをあらわす・・・」(平家物語)で 有名な沙羅の樹の元で,お釈迦様は,弟子たちをはじめ多くの動物に見守られ ながら,八十才の生涯を閉じられました,これを「入涅槃」と申します。
この入滅のとき,頭を北に向け,顔を西に向けた寝姿であったことから, お釈迦様の「悟り」を求めようと死者を北枕にする,という風習が生まれました。
合 掌

             
             手前へ戻る    次へ進む    INDEXへ戻る